バイトスター

アルバイトの履歴書の書き方、面接対策などを連載中

このサイトではアルバイトの履歴書の書き方や、お仕事別の自己PR方法などをご紹介しています
<↓メニューはこちらです!>

バイト面接 志望動機

大学生だからこそ使いやすい、バイトの志望動機ベスト3。1位は「就活に役立つから

大学生のバイト志望動機

アルバイトの志望動機で何を話すか、意外と迷ってしまいがちですよね。
しかし、大学生の場合は使いやすい志望動機が多くそろっていますので、それを知っているだけで面接がかなり楽になる事もあります。

今回は、大学生だからこそ使いやすい、便利な志望動機例をまとめました。

<スポンサーリンク>


大学生だからこ使いやすい志望動機1「就活に役立つから」

大学生がアルバイトへ応募するとき、かなり受かりやすくて便利なのは、「就活に役立つので」という志望動機です。

例えば、接客業で社会人のマナーや基本を学びたいという言い方や、塾講師のアルバイトでプレゼン能力を身につけたいという言い方などになります。
面接官の方から見ても、早い段階から就職活動を意識して、アルバイトでスキルアップを目指す大学生はかなり意欲的な人材に見えます。もちろん、そのぶん採用されやすい傾向も出てきます。

スキルと言っても色々ありますが、そのアルバイトだから経験できる内容を志望動機に入れておきますと、より伝わりやすくて評価もアップしやすくなります。
具体的には、こんな志望動機例があるでしょうか。

『就活に役立つ』を志望動機にする例

「来年は就職活動がありますので、それまでに社会人としての基礎やマナーを身につけたいと思っています。この接客業のアルバイトなら、仕事を通じて自分を磨けると思い応募しました」

「将来的には営業の仕事に就きたいと思っています。この○○販売の仕事は、営業に通じるところも多く、自分の就職活動にも活きる経験ができると思って応募しました」

「将来IT系の企業に就職したいと考えております。そのためにも、今から業界に入って経験を積むのが大事だと思い、この仕事に応募しました」

「就職活動では主に自動車業界を受けるつもりです。そのためにも、まずは車に関わるアルバイトで現場経験を積んでおきたいという考えで応募しました」

大学生だからこ使いやすい志望動機2「授業が増えた(減った)ので」

次に使いやすい志望動機は、大学の授業を理由にするという方法です。
これは受かるための志望動機のほかに、今のアルバイトを辞めたいと思った時にも大変使いやすい例です。

ある程度の単位が取れて時間が余り始めますと、今のアルバイトでシフトを増やすという方法もあります。
しかし、どうせなら色々な職種を経験してみるのも一つの経験ですよね。

また、色々な職種のバイトを経験している方が就活にも有利ですし、何より大学の間にしかできないバイト経験も多くあります。
リゾートバイトや深夜のバイト、あるいはイベント設営など、社会人になってからはなかなか経験する機会の少ない物が多いのも魅力的です。

授業が減ってきますと入れるシフトも変わりますので、ダブルワークを始めたり、いっそ今のバイト先を辞める時にも、退職理由として使いやすい言い方でもあります。

『バイトに入れる時間帯が変わった』を志望動機にする例

「受ける授業が減って時間が出来ましたので、なるべくアルバイトを増やしたいと思い、Wワークのしやすいシフトがあるこの求人に応募しました」

「これまでは授業で忙しくて長いシフトには入れませんでしたが、単位が取れてバイトに専念できるようになりました。より出勤日の多いバイトに変えたいと思って応募しました」

「以前のアルバイトは夜シフトが中心だったのですが、大学の単位も取れたので、なるべく昼シフトの仕事に変えたいと思い応募しました」

「授業が増えてアルバイトの出来る時間が減りましたので、前のアルバイトは辞めました。短い勤務時間が中心だったので、こちらの求人に応募しました」

大学生だからこ使いやすい志望動機3「友人(先輩)に勧められて」

社会人やフリーターではまず使えない志望動機ですが、大学の場合なら意外と有利なのがこのタイプです。

特に、大学のそばのお店で働きます時や、友達がすでにそこで働いている場合はぜひ使いたい志望動機です。
やはりお店の側から見ても、どこの誰かわからない人よりも、すでに働いているスタッフの知り合いや後輩の方が、採用する側の安心感は大きくなります。

また、大学のそばにあるお店は、その大学に通う学生さんを優先して採用しているところが大半ですので、そこに通学しているだけで受かりやすさもぐっと高くなります。

実際にそのお店で友人や先輩が働いているなら、その方の紹介がベストですし、単に先輩から「あのお店のバイトいいよ」という噂を聞いたくらいの内容でも、お店側には好感を持ってもらいやすい言い方になります。

特に部活やサークルでそのバイトの話を聞いた事があるなら、ぜひ活用したいアピール方法と言えるかも知れません。

『友人(先輩)に勧められて』を志望動機にする例

「友人がこちらでアルバイトをしていまして、いいお店だという紹介を受けましたので」

「サークルの先輩にアルバイト先を相談したところ、こちらのお店は授業とアルバイトを両立させやすいお店だと紹介されて応募しました」

「すでにお聞きかもしれませんが、先輩の山田さんがこちらで勤務されていまして、先輩の紹介で面接に来ました」

まとめ

大学生だからこそ使える志望動機というのは、受かる確率も高く、どこのお店でも応用がしやすいですので大変便利なものがあります。
今しか使えないアピール方法だからこそ、「これは使いやすいな」と思う志望動機例がありましたら、ぜひ上手く活用して頂けますと幸いです。
素敵なアルバイトと出会えますように!

 - 同じカテゴリの記事 :バイト面接, 志望動機
同じキーワードの記事:


<スポンサーリンク>


もし良ければ、シェアもよろしくお願いします!


こんな記事も人気ですが、いかがでしょうか。

バイトスターのTwitterもあります。

■バイトスターのTwitterもあります。


↓ぜひフォローしてくださいね♪

こちらは新着の記事になります。