このサイトではアルバイトの履歴書の書き方や、お仕事別の自己PR方法などをご紹介しています

<↓メニューはこちらです!>

【受かりやすいアルバイト紹介】飲食店の求人の受かり方と志望動機を解説

スポンサーリンク

受かりやすいアルバイト解説、今回は「飲食系」です。

すぐに仕事内容がイメージしやすく、職場の雰囲気も実際にお店に行けばわかるため、とても応募しやすい求人のひとつです。
また、採用の数が多く、他のアルバイトに比べて、未経験からのデビューがしやすいのも特徴です。

スポンサーリンク

飲食系の求人にはどういう仕事内容が多い?

飲食系には大きく分けて、キッチンスタッフとホールスタッフがあります。
キッチンは、調理場で実際に料理を作る仕事、ホールスタッフはお客様の案内や注文取り、レジでの会計、配膳などが中心です。

また、大手のファーストフード系では、どちらも両方を担当という場合も多めです。

例えばファミレス(ガスト、サイゼリヤなど)では、一般的にホールスタッフとキッチンは別々の仕事ですが、
焼き鳥(鳥貴族など)、カレー(ココイチ)、カフェ(ドトール、スタバ)などは、接客と調理がほぼ同じ人で運営されています。

面接では、それぞれに求められる特徴が違っています。
やはりホールスタッフでは、明るさや元気さ、コミュニケーション能力が問われますし、ホールスタッフの方では調理への慣れや経験、手先の器用さなどを見られている事も。
ホールとキッチンに分かれていないタイプの求人では、どちらかのアピールを中心にして伝えていくのがオススメです。

飲食系の求人選びのポイント

・一番重要なのは、あなたの入れるシフトが、ランチメインかディナーメインかになります。そのお店の最も忙しい時間帯でシフトに入れる程、採用されやすくなりますし、お客様のいない時間帯のシフトは、採用される確率がどうしても低くなりがちです。

・逆に、食材の下ごしらえを事前にしておくという調理の求人も多くあります。これらは、例えば夜メインの焼き鳥屋で、働くシフトが「開店前の数時間」というような、変わったシフトもあります。「夜メインの求人だから、昼~夕方のシフトなんてないだろう」と考える前に、まずは一度調べてみましょう。

・食材調理で言えば、給食の調理や、最近増えてきた食材宅配のジャンルでは、普通の飲食店にはないシフトがありますので、調理の経験を活かしたいけれどシフトが合わない時などは、選択肢にいれたい求人です。

飲食系での志望動機の例

<例1:ホールスタッフの場合>

・「このお店のラーメンが好きで、頻繁に通っています。自分の好きなお店で働きたいと思い応募しました」
・「未経験ですが、明るく元気に接客する事には自信があるので、自分の持ち味を活かせる仕事をしたいと思い応募しました」
・「違う業界ですが、接客の仕事の経験はありますので、この経験を活かせる仕事をしたいと思い応募しました」

<例1>のポイント
飲食店の場合は、「このお店が好き」や「〇〇料理が好きなので」といった、自分の好みでの応募がとてもしやすく、志望動機が書きやすい求人です。
また、ホールスタッフの場合は、どこかで接客業の経験があれば、すぐに即戦力にもなれますし、未経験にも優しい職種です。

<LINK>
「~が好き」といったタイプの志望動機のもっと詳しい使い方や、例文はこちらの記事で続きをどうぞ。

<例2:キッチンスタッフの場合>
・「一人暮らしをしているため、アルバイトを通じて、料理のスキルを身につけられる点に魅力を感じ応募しました」
・「料理は昔から得意で、今も自炊をしています。料理の経験を活かせる仕事がしたいと思い応募しました」

<例2>のポイント
キッチンスタッフの場合は、やはり調理が得意かどうかは、大きなポイントです。
あまり料理が出来ない時は「バイトを通じて経験を積みたい」と意欲をアピールし、料理が得意なら「自分の経験を活かしたい」とスキルのアピールをしていくのが便利です。

<LINK>
また、自分の経験を活かす志望動機のもっと詳しい使い方や、例文はこちらの記事で続きをどうぞ。

飲食系での志望動機、これはNG!

<NGの例>
「飲食系のアルバイトなら、月々の食費を浮かせられると思い応募しました」

<NG例の解説>

まかないを期待しているという意味ならまだセーフですが、売れ残りの商品を持ち帰りたい、仕事中にちょっと食べたいという意味に聞こえてしまいますと、高確率でアウトです。最近は商品の廃棄にも厳しく、まかないが無い店舗などもありますので、あまり自分の食事の事は触れない方が安全かも知れません。

飲食系の求人に受かるためのコツ

・ホールスタッフなら、やはり「接客に向いていそう」と思ってもらえるよう、明るく、ハキハキとした話し方で面接に向かう方が良いでしょう。
・キッチンスタッフの場合、接客業ほどのコミュニケーション力や明るさを求められる事もありませんので、真面目さや器用さなどのアピールの方が効くでしょう。
・どちらの場合でも、まずは入れるシフトが合うかどうかが最優先です。なるべく通いやすく、長くシフトに入れる店舗を選ぶのが大切です。

まとめ

未経験からでも非常に受かりやすいと言われる飲食系。接客スキルやマナーも身に付きますので、今後の役に立つ経験になる事も多めです。