このサイトではアルバイトの履歴書の書き方や、お仕事別の自己PR方法などをご紹介しています

<↓メニューはこちらです!>
↓志望動機の完全版 まとめ記事できました。↓

フリーターで働きやすいのは、アルバイトか派遣バイトか? メリットとデメリットまとめ

スポンサーリンク

さて、今回はフリーターでしっかり働いていく時に、アルバイトで応募するか、派遣バイトがいいのか、どちらを選ぶ方がお得かをまとめました。

いわゆるオフィス系の派遣会社ではなく、派遣とアルバイトの中間にある「派遣バイト」について解説しています。

派遣バイトは時給がいい反面、色々と条件がアルバイトと違っているためメリットやデメリットがあります。

それぞれのポイントを押さえて、自分のタイミングにあったお仕事を選んでいきたいものですね。

スポンサーリンク

アルバイトと派遣バイト、よく似た仕事でも時給は結構違う?

一般的に派遣バイトの方がアルバイトよりも時給が高いのは有名です。

同じ職場でほとんど同じような仕事なのに、アルバイトと派遣バイトで時給が数百円違う事もよくあります。

特に、anやタウンワークでよく出ている派遣バイトの求人では、軽作業や製造系、検品、販売などの種類が多くなります。
これらの職種では、アルバイトの平均的な時給よりも100円、あるいは200円近く高い事も。

シンプルに時給だけを考えれば、やはりアルバイトよりも派遣バイトの方が断然、有利なのは間違いありません。

アルバイトと派遣バイト、シフトや働きやすさは?

派遣と言いますと、勤務時間が長く、拘束時間が長いというイメージがある方も多いかと思います。

実際、オフィス系求人(一般事務や営業事務など)のいわゆる一般的なオフィス派遣は残業多めの所も多く、平日はフルタイムで勤務しなければ、まず受からない…という求人も多めです。

しかし、anやバイトルなどに載っている派遣会社の場合は、あまり勤務時間の長い一般的なオフィス系求人は多くありません。
ほとんどが軽作業、PRスタッフ、販売、製造系などが中心となります。また、短期の求人も多くなります。
これがいわゆる、オフィス派遣とアルバイトの中間にある、「派遣バイト」というジャンルです。

お店や会社の営業時間は長いものの、シフトが細かく分かれている求人が多く、「夕方から夜だけ」や「午前だけ」といったシフトが組める求人も多く、ダブルワークに向いている職種もあります。

アルバイトも同じように自由にシフトを選べるお仕事は多くありますが、派遣で働く時の一番の違いは、「派遣会社を通してシフトを決めるので、勤務先の上司と交渉しなくていい」という点が大きなポイントです。

アルバイトの場合ですと、どうしても店長や上司に「この時間帯は入りたくない」とは言いにくいものです。
しかし、派遣の場合ですと、間に派遣会社が入ってくれますので、希望のシフトが通りやすいのも嬉しいメリットになる事がよくあります。

逆に、派遣で働く時に気を付けたいデメリットは?

時給、シフトともにアルバイトよりも派遣バイトの方が有利な所が多くありますが、もちろん働き方にもデメリットの部分はあります。

中でも一番気を付けておきたいのは、やはり「契約終了が早い」という点です。

アルバイトの場合、ある程度仕事を覚えますと、基本的には長期でのお仕事になる事が大半です。
仕事に慣れて長く働いてくれるスタッフを、わざわざ会社の方から契約終了にする事は多くはありません。

そのため、「いつ自分の仕事がなくなるか」を考えずに、安心して長く働けるのはアルバイトの大きなメリットです。

派遣バイトは契約終了されやすい?

派遣バイトの求人は時給がどれも高いため、勤務先の方もかなりシビアに契約を見ている所が多めです。

一般的には、長い物でも3か月ごとに契約を更新していく形の働き方が多く、3か月ごとに「この派遣契約を続けるか辞めるか」を会社で検討している所が多めです。
短い所で言えば、最初から「1ヶ月だけ限定」のように、終了日が決まっている物も多数あります。(特に、お盆や年末年始などの繁忙期は多めです)

そのため、ある程度忙しさが落ち着いたり、会社の予算が減ってきたりしますと、まっさきに契約終了を言われやすいのが派遣スタッフとなってしまいます。
また、アルバイトのスタッフに「やめてほしい」と会社から言いますと、何かとトラブルになる事も多いですが、派遣スタッフの場合は、本人でなく派遣会社に「契約終了です」と伝えるだけですので、契約を終わらせやすいのが、働く側から見るとデメリットとなります。

短期のお仕事メインなら派遣が絶対にお得?

「派遣バイトは長く契約を続けるのが難しい」というデメリットがありましたが、逆に、短期のお仕事をメインにしていくなら、このデメリットは関係無くなります。

もともとの契約が1か月や2か月、という短期のお仕事をたくさん扱っている派遣会社は多くあります。

「派遣バイト」系の求人で働きますと、もともとの契約が短いですから、派遣先も働く側も「最初から短期限定の予定なので」と考えているため、お互いに期間限定とスパッと割り切って働く事ができます。
そのため、人間関係も意外とあっさりした求人が多く、気持ち的に働きやすいという方も多めです。

逆にアルバイトで短期の求人を中心で働きますと、その都度、求人を自分で探して面接を申し込んで…と何かと大変になりがちです。

短期のお仕事の時ほど、「派遣バイト」という働き方のメリットを最大限に活かせる形になります。

まとめ

派遣の求人にはとても多くの種類があり、派遣会社をどこにするか、も大きなポイントとなってきます。
自分の得意な事にあわない派遣バイトの会社に登録してしまうと、あまり良いお仕事紹介がもらえないという事もありますので、まずは「どういう仕事を、どのくらいの期間、したいのか」から選んでいく事が大切です。

フリーターから正社員になる確実な方法

姉妹サイトでは、フリーター、派遣バイトから正社員に内定するための就活オススメ方法を、記事で連載しています。
「いつかは正社員に…」と思っているけれど、いい求人が見つからなかったり、そもそも履歴書で受からない場合に、
それを解決できる方法を当サイトと同じように解説しています。ぜひ↓こちらもどうぞ!

>>【姉妹サイト】フリーターから正社員に受かるナビ