バイトスター

アルバイトの履歴書の書き方、志望動機、面接対策などを連載中

このサイトではアルバイトの履歴書の書き方や、お仕事別の自己PR方法などをご紹介しています

<↓メニューはこちらです!>

いい求人探し

主婦のパート選び:「子育てと両立しやすいパート求人」はどんな職種? シフト例と受かりやすい求人を解説

主婦パート選び

主婦のパートを探そうとしますと、やはり気になりますのは勤務時間(シフト)ですよね。
いくら時給や場所が良くても、子供の送り迎えや、食事の準備が出来ない働き方ですと、子育てとの両立が出来なくなってしまいます。

特に子供が小さい間は、朝、送り出してから帰ってくるまでの短い時間だけ働けるシフトが大変ありがたくなってきます。
「働きやすくて受かりやすいパートの求人」は、どんな職種? お仕事選びのコツをまとめました。

<スポンサーリンク>


どういうシフト、勤務時間が多い?

お昼メインのシフトで、しかも「主婦を積極採用」とアピールしている職種がやはりオススメですが、そんなお仕事でも特に受かりやすくて働きやすいパートには特徴があります。

1.まずは大手企業

例えば同じレジのお仕事をするのでも、人数の少ない個人商店と、誰もが知っている大手のチェーンですと、やはり大手の方が働きやすくなります。

「大手の方がルール厳しいんじゃないの?」という疑問も出て来られるかと思いますが、どちらかというと、大手の方がアルバイト人数も多く、ちゃんと事前に決めたシフトをなるべく守ろうというルールがあります。

逆に、小さな個人商店などですと、人間関係が良い間は融通も効きやすいですが、どうにもならない時は「ごめん、とにかく今はシフトしっかり入って」と無理なお願いを続けられてしまう事も…。

人間関係次第な所がありますので、やはり生活を安定させるなら大手がオススメになります。

2.主婦のスタッフが多い職場

受かりやすいかどうかは、ズバリ主婦の先輩が何人ほどいるかで、ほぼわかると言っても良いかも知れません。

もし仮に、「大学生ばかりのコンビニ」と、「主婦の方々メインのスーパー」の求人が二つ並んでいたとしましたら、やはり圧倒的にスーパーの方が受かりやすくなります。

主婦採用を実際に続けている会社は、主婦の方の応募があればまず優先してそちらから採用していく傾向があります。

しかし、最近はどこも人手不足ですから、「主婦歓迎、積極採用」というキーワードはどんな求人にでも書いてあります。
そのため、本当に歓迎して優先的に採用してくれるのかどうかは、求人に書いてある文字だけでは実はわかりません。

もし店舗のある求人でしたら、実際に一度お店に入ってみて、スタッフの方々の年代をチェックしてみるのが一番かも知れません。
また、求人には写真がどこも載っていますので、その写真に写っているスタッフの年代がメインと予想するのも一つの方法です。

なるべく自分に近い年代の方々が先輩でいる職場に応募しますと、それだけで受かりやすさが目に見えて違ってきます。

3.主婦の経験や、仕事経験が活きる求人もオススメ

スーパーの品出しや調理系、清掃関係、子供に関する職種では主婦の方々が優先して採用されますのは、やはり「主婦経験をそのまま活かせる」というメリットがお店や会社にとって、とても大きいためですよね。

学生さんをイチから教育するよりも、すでにそのお仕事に近い内容の事を、家庭で経験されていますから、お店にとってこれほど助かるスタッフさんはいませんよね。

そのため、通いなれたスーパーや、得意料理に関するお仕事、あるいはこれまでの仕事経験が活かせるお仕事はやはり受かりやすくなります。

主婦歓迎のシフトがある職種紹介

さて、ここからは「どんな職種なら、主婦歓迎のお昼シフトが多いのか」をチェックしていきたいと思います。

・飲食(ランチ系)
 やはりファミレスやカフェのように、お昼間メインの飲食はお昼シフトが中心になります。学生さんの人数が確保できない時間帯でもありますので、お昼だけ入れる主婦の方々が一番優先される職種です。

実際にとあるカフェの求人にあったシフト例

・07:00~13:00 / 09:00~15:00 / 16:00~21:00
 上記の時間帯で週2日以上、1日4.0時間以上

・コンビニのお昼シフト
お昼だけのシフトを選びやすいと言えば、やはりコンビニも忘れずチェックしたい所ですよね。

24時間営業ですから、どうしても自然に「朝と昼は主婦とフリーター、夕方から学生バイト、夜勤はフリーターや社員」といった感じのシフトになりがちです。

意外と朝が早いシフトも多いですので、朝食やお弁当を作ってから…では間に合わない求人もあります。
そのあたりは面接で相談しますと、意外と調整して頂ける事も。

実際にとあるコンビニのお昼シフト求人にあった例

【募集シフト例】
 06:00~11:00
 08:00~13:00
 11:00~17:00
 13:00~17:00
 14:00~17:00 など

・スーパーの求人
主婦が受かりやすく、積極採用されていてシフトもちょうどいい、まさに代表的なお仕事はやはりスーパーです。
特に通いなれていて、配置や商品をある程度知っているお店ですと、なおの事採用される確率がアップします。

お店によっては、割引などが福利厚生でついてくる所もあると言いますので、生活のプラスになるのは嬉しいポイントですよね。

実際にレジ・品出しの求人にあった例

【募集シフト例】
◆06:00~23:30の間で1日4~5時間程度

<シフト例>
07:00~12:00、08:00~12:00
12:00~16:00、13:00~17:00
15:00~20:00、17:00~21:00

・ビジネスホテルの客室清掃、ベッドメイキング系

時間帯がピッタリあう求人として便利なのは、ビジネスホテルの客室清掃もあります。
宿泊客の方はほとんどが9時前にはチェックアウトし、次の宿泊客のチェックインがおおむね16時以降ですから、その間だけがお仕事になります。
家事と仕事の両立がしやすく、清掃の知識や経験もつくという部分は少しプラスになるかも知れません。

実際にホテルの客室清掃の求人にあったシフト例

10:00~15:00 (30分休憩あり)
※週3~の勤務OK!!

・運送会社の仕分けや集配などの求人

意外な所では、佐川やヤマトなどの運送会社も主婦を積極採用している時間帯があったりします。
もちろん主婦の方々メインですから、トラックやフォークリフト、重い荷物の運搬などではありません。

小物の荷物の集配や、宛先ごとに仕分けるなどの、手作業の仕事が多めです。
どちらの運送会社も、支店によって募集シフトがかなり違ってきますので、もし近くに佐川やヤマトがあるのであれば、希望シフトがあるかどうかだけをチェックしてみるのも良いかもしれません。

実際にあったシフト例

宅急便&DM便仕分け
8~12時(4h)
9~13時(4h)
8~16時(7h)
14~22時(7h)

まとめ

家事や子育てとお仕事の両立には、やはり「働くシフト」が一番大切なポイントになってきます。
また、あちこち応募して面接を繰り返すのも大変ですので、なるべく主婦優先で採用される所で働きたいものですよね。

オススメ職種も参考にしながら、ぜひ「ちょうどいい!」と思える求人と出会ってくださいね。

 - 同じカテゴリの記事 :いい求人探し
同じキーワードの記事:


<スポンサーリンク>


もし良ければ、シェアもよろしくお願いします!


こんな記事も人気ですが、いかがでしょうか。

バイトスターのTwitterもあります。

■バイトスターのTwitterもあります。


↓ぜひフォローしてくださいね♪

こちらは新着の記事になります。