バイトスター

アルバイトの履歴書の書き方、面接対策などを連載中

このサイトではアルバイトの履歴書の書き方や、お仕事別の自己PR方法などをご紹介しています
<↓メニューはこちらです!>

志望動機

アルバイトの志望動機「大学から近い」「家から通いやすい」は受かりやすい? 合格率アップの言い方例

初めてのアルバイト応募の時の志望動機は、特に迷ってしまいやすいですよね。

例えばスターバックスのようなオシャレなお店でしたら、「このお店に憧れていました、いつか働きたいと思っていました!」というアピールも使いやすくなりますが、逆に、家から近い、大学の寮に近いというだけでアルバイトを選ぶ時は、特に志望動機が難しくなってしまいがちです。

今回は、「家から近い」「通いやすい」が理由でアルバイトを選ぶときの志望動機をまとめました。

<スポンサーリンク>


家や大学に近いアルバイトは受かりやすい?

そもそもの所で、アルバイトの受かりやすさに「近い」はプラスになるかどうか、まずはここが気になるポイントですよね。

アルバイト先の会社も、通勤費を出してくれる所が大半ですので、やはり徒歩や自転車で来れるスタッフさんには交通費がありませんので、その分会社も助かります。
また、どうしてもシフトに入れる人がいない…という時に「ちょっと今日シフト入れない?」と頼みやすいというメリットもありますから、お店や会社的には「近い=とても助かる」と考えている所が大半です。

応募者が大勢いて、同じ条件ならやはり近くに住んでいる人の方が採用されやすいのは確実です!

「近いから選びました」と直球で言ってしまってOK?

次に気になりますのは、やはりそれを志望動機で言ってしまって大丈夫かという点ですよね。

「ただ家から近いという理由で選びました」とストレートに言ってしまいますと、暗に「別に仕事内容には興味ないけれど、近い所で適当に選んだ」感が出てしまって、人によっては印象があまり良くない事も…。

また、人気の高い求人ですと、他の応募者さんが「この仕事に憧れていました!」という情熱をもってアピールしてくる事もありますから、倍率が高いほど不利になる場合もあったりします。

そんな時は、志望動機の言い方を少し変えるだけで、面接官や店長の印象はぐっと変わります。

「近い」+もう一つの志望動機を組み合わせるのがベスト!

家や大学から近く、通勤時間が短いのは会社側にも大きなメリットですから、これはぜひ伝えておきたい所です。
しかし、それだけですとアピール不足にもなりかねませんので、もう一つ、シンプルな志望動機をつけておきますとぐっと印象がよくなります。

いくつかの使いやすいパターンがありますので、順番にご紹介です。

志望動機例1.「前からこの仕事に興味があった」+「近くだった」

一番シンプルで使いやすい例は、「以前からこの仕事をしてみたいと思っていた」のような、前向きな気持ちと、近さのアピールを組み合わせる例です。

志望動機の例
・「大学に入ったら、コンビニで働いてみたいと思っていました。大学に一番近いので、通いやすいと思い応募しました」
・「よくマクドナルドには食べに来ていますので、アルバイトをするならここだと思っていました。自宅に近いので、このお店に応募させて頂きました」
・「以前からカフェで働きたいと思っていました。こちらのお店は、通学の乗り換えで毎日降りますので、通いやすいと思い応募しました」

このような形ですと、「やってみたかった」という気持ち+「近いですよ」というアピールを組み合わせる事が出来ますので、面接官の印象はかなりアップします。

特に、チェーン店ですと「なぜ他のお店ではなくこの店なのか」という理由も、この志望動機で説明出来てしまいますから、面接もスムーズで難しい質問を受けにくくなるのはうれしいポイントです。

大手企業やあちこちにお店のある求人向きの言い方と言えるかもしれません。

志望動機例2.「シフトがちょうどよかった」+「近くだった」

あまり「この仕事が好きです」と言い辛い求人の場合ですと、シフトがちょうどいいという言い方もあります。

例えば工場でのライン作業や、清掃、あるいは夕方メインのシフトなどのお仕事にも使いやすいパターンです。
シフトが学校の終わった後の時間帯メインになるアルバイトですと、どうしても移動が長いと遅刻しやすくなりますから、お店や会社もシフトと距離を優先して採用する事もよくあります。

志望動機の例
・「夕方までは授業がありますので、終わった後すぐに入れるシフトと近さを魅力に感じて応募しました」
・「大学の授業も減って、夜勤も入りやすくなりましたので、家の近くで夜シフトがあるアルバイトをしたいと思いました」
・「授業が始まる前の、早朝シフトに入りやすい場所でしたので、ここだと思い応募しました」

特にコンビニやファミレス、カラオケ、飲み屋など、夕方から深夜にかけてのシフトで人が足りない会社は山ほどあります。
そういった所で、シフトがピッタリ合って通勤に無理のないスタッフさんは大変ありがたい存在ですから、未経験や初バイトでも問題なく受かりやすい、というメリットがあります。

志望動機例3.「地元で働きたい」+「車通勤しなくていい」

少し変わった志望動機例で言いますと、地元希望や、車を使わないというのも大きなアピールになる事があります。
例えば大学のキャンパスが、結構不便な場所にある大学も多くありますよね。車移動しか無理でしょと思う場所にあったり、バスが夕方6時を過ぎるとほとんどない…、夜になると人が全然いない…というような場所にある例ですね。

こういった場所にある求人ですと、基本的にその大学の学生を採用するのがメインになりますが、遠くから電車やバス、車で通う学生を採用するのは会社やお店的には、意外とリスクもあります。
電車やバスが止まる、遅刻が増える、事故を起こした…など考え始めると不安な点がどんどん出てきます。

そんな場合に、やはりまず最優先で採用したくなるのが近所で寮や一人暮らししている学生さんです。
そういう意味でも、交通が不便な時ほど、「近いから」という理由が強いアピールになる事がよくあります。

志望動機の例
・「不便な場所でもありますので、なるべく電車やバスを使わない所で働きたいと思いました」
・「まだ免許を持っていませんので、自転車通勤の出来る距離で働きたいと思いました」

東京23区内などでは、大変つかいにくい言い方ですが、逆に交通の便があまり良くない所ではぜひ使っていきたいアピールでもあります。

まとめ

志望動機を考え始めるとなかなか難しいものですが、最近は特に人手不足の会社が多いですから、「近い、通勤が楽」も十分な志望動機の一つです。
ただし、倍率が高めかなと思った時は、少し他の理由も組み合わせていきますと、よりチャンスを引き寄せる事もできるかと思います。

ぜひとも素敵なアルバイトとの出会いをつかんでくださいね!

 - 同じカテゴリの記事 :志望動機
同じキーワードの記事:


<スポンサーリンク>


もし良ければ、シェアもよろしくお願いします!


こんな記事も人気ですが、いかがでしょうか。

バイトスターのTwitterもあります。

■バイトスターのTwitterもあります。


↓ぜひフォローしてくださいね♪

こちらは新着の記事になります。