このサイトではアルバイトの履歴書の書き方や、お仕事別の自己PR方法などをご紹介しています

<↓メニューはこちらです!>

実はお給料の前払いが出来た? アルバイト給料の前払いOKな有名企業まとめ

スポンサーリンク

急な飲み会でお財布がピンチ、長電話のしすぎで携帯代の引き落としが出来ないかも…、結婚式が重なってご祝儀代がやばい…。

いろんな理由でお給料日よりも前に、働いた分の給与をもらいたい時もありますよね。
前払いの制度がないアルバイト先では、普通は、どんなにお願いしても払ってもらえない事がほとんどです。

しかし、実はお給料の前払い制度(前給制度と省略している会社も)があるアルバイト先は、思っているよりたくさんあります。

今回は、前払いの出来るアルバイト先の探し方や、その内容をまとめました。

スポンサーリンク

前払いのしてもらえる求人の探し方は?

前払いの出来る会社の探し方は、意外とシンプルです。
アルバイト求人サイトの条件検索の欄には、「前払いOK」という項目があり、それをクリックして検索するだけで、制度のある求人がズラッと出てくる所があります。

例えば、バイトルです。
実際の画面はこのようになっています。

バイトルなら「特徴を選ぶ」の条件欄の中に「給与前払いOK」というチェックボックスがありますよね。
ここを押して検索しますと、関東エリアで1200件以上も出てきました。

これなら、自分の住んでいるエリアに絞って、通いやすい所で探す事も出来そうですよね。

また、anにも同じような検索機能があります。
こちらは、「給与・こだわり」の検索条件の中に「前払い応相談」があります。

「応相談」というのは、少し気になる言い方ですよね。
実際、前払いを制度としてしっかり持っているところもあれば、「相談には乗りますよ」くらいの意味合いの求人もあります。

しっかり探すなら、バイトルの方が良いかも知れません。

(ちなみに、タウンワークには、この記事を書いている時点では、この検索条件はありませんでした)

どんな会社が多い? 職種は?

給料日よりも前に払ってもらうと言いますと、なんとなく「大手企業ではやってないだろうから中小企業の求人ばかりじゃ…」とイメージしてしまいますが、実際は真逆です。

条件検索をしてみますと、出てくる求人は誰もが知っている大手企業がズラリ…という結果になるかと思います。

ただし、この制度があるのはほとんど飲食店です。ファーストフード、ファミレス、居酒屋がメインでしょうか。
飲食系以外で、前払いOKの求人を探すのはなかなか難しいのが実際です。

前給制度は、どういう条件の所が多い?

会社によって基準やルールはまちまちですが、やはり共通しているところも多くあります。

ポイントになる点は、3つあります。

1.「前借り」ではないので、実際に働いた日数分の給与を、給料日より前に払ってもらう形です。働いてない分を借りる事はできないのでご注意を。

2.1カ月以上勤務してから利用可能といった所や、〇日前までの事前申請という所が多め。最近はネットで申請ボタンを押すだけという簡単な所も。

3.「最大50%まで」といった制限がある所も多めです。全額を翌日すぐに! というのは難しいのが実際です。

実際にバイトルやanで見つけた、前給制度のある会社一覧

ここからは、実際に求人サイトで検索してみて、出てきた有名な会社と、その求人に書かれていたコメントをまとめました。

・マクドナルド

前給制度とは、本来翌月15日に支払われる今月分の給料の一部を、今月末日までに受け取れる便利なシステムです。最短で翌日の振込ができます。

・モスフードサービス(モスバーガー)

■前給制度
勤務した時間の(最大50%)まで給料日よりも前に受け取れます♪
利用方法も、ネットで申請するだけと「簡単」! 最速で翌日に振り込んでくれるので急な出費でも安心して対応出来ますよ♪

・白木屋、魚民、笑笑

給料日前でも働いた分の最大50%まで受け取ることが出来る嬉しいシステム!

ピザーラ

●前払い制度あり(前給制度/稼動分)
給料日前に、すでに働いた範囲内のお給料を受け取れる嬉しいサービスです

その他、喫茶店のルノアール、磯丸水産、ガスト、バーミヤン、ジョナサンなど、皆が知っている有名な会社が多数あります。

まとめ

ちょっと出費が多くてお財布が厳しめという事が多い場合は、アルバイトを選ぶ時に、前給制度のある会社を選んでみるのも一つの方法ですよね。
もし飲食店でのアルバイトを考えているなら、まかないや前払いも条件に入れてみますと、日々の生活がぐっと楽になるかも知れません。

ぜひ素敵なアルバイトと出会ってくださいね!

バイト探しのアプリ、間違っていませんか?

バイト求人のアプリは多数ありますが、「どれがベストなのか」は意外と知られていません。
当サイトで調べてみたところ、やはりNo.1は「バイトル」という結果になりました。

その理由は…

1.動画でスタッフの人たちの顔や雰囲気を見られるので、「この雰囲気は無理…」という会社が応募前にわかります(Indeedやタウンワークにはありません)2.そのバイトの応募倍率(受かりやすさ)が見られる機能があります。(応募バロメーターで倍率がわかります)

3.求人の数はバイトルが他社を頭ひとつ抜けて多い。この点も見逃せません。

iphone、android 両方にアプリ(無料)がありますので、アプリでチェックする方が、はるかに効率よく見つかります。

バイトル

バイトル

無料posted withアプリーチ

ただし。
アルバイト探しのアプリは、常にバイトルがベストとは限りません

条件によっては、専門の求人サイトの方が、有利な場合があります。

以下の条件に当てはまるなら、専門系の求人サイトやアプリの方がはるかに有利となります。

■土日、単発、日払いバイトに強い求人サイトを探している場合■

バイトルは一般的な長期バイト中心ですので、短期ならこちらの方が有利です。
1日から働ける激短バイト!ショットワークス

■工場の求人専門のアルバイト求人サイト■
工場でのバイトや契約社員を探すなら、バイトルよりも、「工場専門」の方がはるかに早くて有利になります。

工場ワークス

■アパレル系専門の求人サイト■
アパレルも同様、バイトルよりも「アパレル専門」の方がはるかに早くて有利になります。
アパレル派遣なび

いい求人探し
スポンサーリンク
バイトスター/アルバイトの受かる方法