バイトスター

アルバイトの履歴書の書き方、志望動機、面接対策などを連載中

このサイトではアルバイトの履歴書の書き方や、お仕事別の自己PR方法などをご紹介しています

<↓メニューはこちらです!>

自己PR、アピール

バイト経験がない、少ない時の自己アピールのコツは「○○を活かして頑張ります」が有利。使い方のコツ解説

自己アピールの書き方

アルバイトの履歴書で何を書くのか迷いやすいのは、やはり「自己アピール(自己PR)」ですよね。

普段から自分をアピールし慣れている方は多くありませんので、いざ自分のアピールポイントを書こうと思っても、何を書いていいのかわからない事が多くなりがちです。

でも大丈夫です。自己アピールには、いくつかのパターンがありますので、それを活用すれば苦手な面接も突破が可能になります。
その中でも、特に相手にも通じやすいのは「○○を活かして頑張ります」の形の自己アピールです。

今回は、その自己アピールの方法を、詳しくまとめました。

<スポンサーリンク>


「○○を活かして頑張ります」の形は強いアピールになりやすい!

自己アピールというと、「とにかく自分の何かをアピールしないと!」と考えてしまって、思いつくままに話して失敗する事もよくありますよね。

そんな失敗を防ぐためにも知っておきたいポイントがあります。
それは、「アピールをなんでも書けばいいのではなく、仕事に少しでもつながりそうな持ち味をアピールする」という点です。

例えば、カフェに応募する時に「学校の成績が学年3位でした」や、データ入力のアルバイトで「運転には自信があります、無事故無違反です」といったアピールを書きましても、面接官側から見ますと「それは…、この仕事にどう使えるの?」と思われてしまいますよね。

やはり、単に「これが得意だ」と書くよりも、実際にそれが仕事に役立ちそうとわかる方が、印象がかなり良くなります。

そのため、自己PRの文章は、最後を「~を活かして頑張りたい」のような形にしますと、すぐにそれが仕事に役立つイメージがわきますので、面接官にとっても好印象になります。

何をアピールすればいい? アルバイト経験を書く場合

自己アピールで一番伝わりやすいのは、やはりこれまでのアルバイト経験です。

全く業種や職種が違っていても、他の会社でアルバイト経験があるというだけで、「仕事の基本が出来ている」という印象を持ってもらえますからプラスの印象にになります。

また、少しでも前の仕事の内容が、次の仕事に応用の効きそうでしたら、十分に面接官の印象を良くしてくれます。

■他社でのアルバイト経験を自己PRにする例■

「以前はカフェでアルバイトをしていました。これまでの接客経験を活かして頑張りたいと思います」

「コンビニで働いていましたので、レジや接客は一通り経験しました。この経験を活かせるよう頑張ります」

「携帯電話の販売職を3年続けました。アパレル業界は未経験ですが、販売スキルを活かしていきたいと思います」

「これまで主に事務職を経験してきました。コールセンターの仕事にも応用が利く部分があると思い応募しました」

バイト経験がない場合は、どうする? 自分の特徴をアピールにする例

アルバイトやパートなどのお仕事経験が無い、あるいは少なくてアピールし辛いなと思う時は、自分の得意な事、特徴などを自己PRにする方法があります。
ここも先ほどと同じで、やはり「これが仕事に役立ちます」という形でアピールにつなげる方がプラスになります。

お仕事にあまり関係ない事を「こんな事が出来ます!」とアピールしてしまうと逆効果になる場合もありますので、なるべく自分の得意な事が、仕事にこう活かせるという事を探してみると上手くいくチャンスが増えます。

例えば、こんな特徴はお仕事に活かしやすく、書きやすい特徴かと思います。

■自己PRに使いやすい特徴や得意■

・体力のアピール
 →体が丈夫、体力がある、休まない、体調を崩さない、立ち仕事が得意、手先が器用、

・性格のアピール
→明るい、人に好かれる、新しい事への挑戦が得意、忍耐強い、動じない

・得意な事のアピール
→集中力がある、手先が器用、覚えるのが早い、PC操作が得意、運転が得意

■自分の特徴や得意を自己PRにする例■

・「部活でラグビーを3年続けていましたので、体力には自信があります。しっかりシフトに入って貢献したいと思います」

・「手先は器用な方だと思います。細かい作業が得意ですので仕事に活かしていきたいと思います」

・「周りからもよく言われますが、明るい性格をしていますので、お客様への接客に活かしていきたいと考えています」

・「一つの事に集中するのは得意ですので、工場の作業に活かせるよう頑張りたいと思います」

・「PCの操作は得意ですので、データ入力の仕事は初めてですが、ある程度のお役に立てると思います」

まとめ

自分をアピールする機会は普段はなかなかありませんので、いざ自己PRを書き始める時には困りやすいもの。
こんな時は、「~を活かしたい」という書き方にして、自分の経験や特徴を書いていきますとスムーズです。

ぜひ素敵な自己PRを発見して、面接を有利に進めてくださいね。
良いアルバイトとのご縁がありますように。

 - 同じカテゴリの記事 :自己PR、アピール
同じキーワードの記事: , ,


<スポンサーリンク>


もし良ければ、シェアもよろしくお願いします!


こんな記事も人気ですが、いかがでしょうか。

バイトスターのTwitterもあります。

■バイトスターのTwitterもあります。


↓ぜひフォローしてくださいね♪

こちらは新着の記事になります。